大学の保健管理センターで働く看護師に必要なコミュニケーションスキル

大学の保健管理センターで働く看護師になるには

MENU
RSS

大学の保健管理センターで働く看護師に必要なコミュニケーションスキル

大学の保健管理センターで仕事をするためには、コミュニケーションスキルが何よりも要求されると思っておくべきです。性格的に明るくて、誰とでも気兼ねなくコミュニケーションが取れないと学生も職員もなかなか大学の保健管理センターに足を運んでみようという気持ちになりません。

 

そして学生のような多感な年代の人が多く訪れますので、メンタルヘルスの領域の相談事も大学の保健管理センターには数多く持ち込まれる傾向があります。メンタルケアをするためには、コンサルティング、すなわちコミュニケーションが何よりも大切です。相手が何について悩んでいるのか、言葉で情報提供してもらう必要があるからです。

 

またけがや体調不良で運ばれてくる人の中には、「重大な病気ではないのか?」「すぐに治るのか?」といった不安を抱えている人もいるはずです。そのような人に勇気づけてあげるのもコミュニケーションスキルの一種といえます。面倒見が良くて、愛想のいい人の方が向いている職業といえます。