大学の保健管理センターで働く看護師になるには

大学の保健管理センターで働く看護師になるには

MENU
RSS

大学の保健管理センターで働く看護師になるには

看護師の中には、大学の保健管理センターで仕事をしている人もいます。いわゆる保健室の勤務となります。小学校から高校までは、保健室で勤務する場合養護教諭の資格が必要です。しかし大学の保健管理センターの場合、看護師の資格があれば応募は可能です。

 

大学の保健管理センターの仕事は、学生や学校職員の健康管理です。体調不良を起こした人がいれば、応急手当などの必要な処置を行っていきます。また時として学生の悩み相談に乗ることもあります。恋愛や学業、さらには一人暮らしを始めて間もない学生は悩みを抱えがちです。このような悩み事にも積極的に乗っていくべきです。

 

病院の看護師の場合、医者のサポート役というのが基本的な看護師の立場のはずです。しかし大学の保健管理センターになると自分一人で業務をしていかないといけないので、どのような処置をするかの判断もすべて自分一人で行っていかないといけません。責任ある立場で大変ですが、逆にやりがいのある仕事とも言えます。

 

大学の保健管理センターで働く看護師の労働環境

今まで病院で勤務してきた看護師は、他にたくさんの同僚がいて、一緒に仕事をしてきた経験を持っている人が多いはずです。そのような人にとっては、大学の保健管理センターの仕事は最初の内は少し慣れない所もあるかもしれません。というのも、大学の保健管理センターの場合基本的に自分一人だけで勤務をするからです。

 

他に代えがきかないという所では、体調管理を今まで以上にしっかりと行う必要があります。もし自分が体調不良になってしまえば、学生や職員の健康管理ができなくなるからです。ただし大学の保健管理センターの場合、夏のお盆の前後や年末年始は長期休暇が取れますし、土日も休みであることが多いのでそれほど体調管理が難しい仕事でもありません。

 

また慣れてくると、マイペースで仕事ができる所は魅力と感じられるかもしれません。どの仕事をいつ行うかということも自分で決められます。残業を多少してでも、のんびりと仕事をするなどの選択もできます。

 

大学の保健管理センターで働く看護師の年収

大学の保健管理センターで勤務をした場合、どの程度の年収を稼ぐことができるのでしょうか?この部分が気になるという人も多いはずです。学校によってさまざまですが、一般的には年収で見た場合400〜500万円といったところが相場になってくるようです。病院よりはやや少ないものの、個人経営しているクリニックの看護師と同じくらいの収入になるとイメージしてください。

 

この給料を多いと見るか少ないと見るかですが、勤務条件の割にはいいといえます。病院の場合、夜勤や残業があります。しかし大学の保健管理センターの場合、原則として夜勤も残業もないと思ってもらっていいでしょう。一部学校では残業が時折あるかもしれません。しかしそれでも、病院のような長時間残業を強いられることはまずないでしょう。

 

しかも土日や祝日は休みとしている所が多いです。年末年始や夏休みの時には、比較的長期的な休暇も確保できます。このような勤務条件で、上の年収であればなかなか魅力的ではありませんか?